スイスワインについて

スイスワインについて

「やまきゅういちスイスワイン」輸入担当者が考える「スイスワイン」とは。
「自己を誇示することのない奥ゆかしさ、不器用なまでに自己を押し出すことをためらう引っ込み思案、慎ましやかさ、物事に向き合う時のまじめな態度、スイス時計に見るような緻密で精巧な仕事ぶり、これらのスイス人の特質は、そのままワインの味わいに反映されているようで、スイスワインの魅力として私には映っています。
若いころは、国で言えば、パリをはじめとするフランスやアメリカの西海岸など、きらびやかで、はっきりと自己主張された明解な事物に惹かれていたものですが、歳を重ねるにつれて、肌感覚で馴染めるものに好みが変わってきました。
出来上がったワインの清らかさ、透明感にはウソが無いようにも感じて、飲み疲れることがなく、年齢を重ねた身を安心して委ねることができるようです。華美さの無いワインの清々しさは、日本人の美意識にもとても近いものを感じます。
料理を決して凌駕することが無く、さりとて、弱々しいわけでもなく、きちんと育てられた存在感をもって料理に対峙できるスイスワインは、まさに、わきまえているワイン、飲み尽くした大人が行き着くワインと言えるのではないでしょうか。」

杉山商事株式会社ホームページにも記載がございます。http://www.sugiyama1904.co.jp/ja/solution/case4.html


🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇 🍇
スイスワインについてのあらましをご説明します。(以下のデータ数値は、2016年版日本ソムリエ協会教本に準拠しました。)
🍇
ブドウ栽培面積とワイン生産量
スイスにおける2014年度ブドウ栽培面積は、14,835ha(全世界比約0.2%)。そのうち西部フランス語圏のスイス・ロマンドが11,079ha(全スイス比、約75%)、ドイツ語圏のスイス・アルマンが2,636ha(全スイス比、約18%)、ティッチーノ州周辺のイタリア語圏が1,120ha(全スイス比、約8%)。
スイスにおける2014年度ワイン生産量は、933,649hl(全世界比約0.3%)。そのうち赤52%、白48%の生産比率。ちなみに、全世界比約0.3%の生産量のワインのうち、輸出にまわるスイスワインの比率は、約2%。もちろん、その2%すべてが日本に来るわけではありません。中国だったり、イギリス、アメリカなどへもわずかながらに輸出されています。日本で飲めるスイスワインの稀少性がご理解いただけようというものです。
🍇
気候風土
ブドウが育つ畑は、北緯45~47度、標高が450~1,100m。国土の大半を占めるアルプスの山々に守られるように広がり、それらを縫って流れる河川と豊かな水源を湛えた湖が更なる太陽の恵みとなり、良質のブドウを育んでいる。気候は、北からの寒帯性気候、南から地中海性気候、西から大西洋の海洋性気候、東から大陸性気候と変化に富み、土壌は、ジュラ紀・白亜紀の地層が中心となっている。これらの条件により、スイスを代表するシャスラをはじめ他のブドウ品種は、産地ごとに豊かな個性が表現されている。(出典:2016年版日本ソムリエ協会教本)
🍇
ブドウ品種
スイスにおける2014年度ブドウ栽培面積は、14,835ha(全世界比約0.2%)。そのうち西部フランス語圏のスイス・ロマンドが11,079ha(全スイス比、約75%)、ドイツ語圏のスイス・アルマンが2,636ha(全スイス比、約18%)、ティッチーノ州周辺のイタリア語圏が1,120ha(全スイス比、約8%)。
スイスにおける2014年度ワイン生産量は、933,649hl(全世界比約0.3%)。そのうち赤52%、白48%の生産比率。ちなみに、全世界比約0.3%の生産量のワインのうち、輸出にまわるスイスワインの比率は、約2%。もちろん、その2%すべてが日本に来るわけではありません。中国だったり、イギリス、アメリカなどへもわずかながらに輸出されています。日本で飲めるスイスワインの稀少性がご理解いただけようというものです。
🍇
スイスワインの代表的な産地
🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇
ワインジャーナリストによるスイスワインについての総評

 日本橋の杉山商事で、彼らが輸入する一連の「やまきゅういちスイスワイン」をテイスティングする機会がありました。
 スイスにはいろいろな品種があり、細かいことを言っているときりがありませんが、なんといっても白のシャスラーと赤のピノ・ノワールは基本中の基本。このふたつの品種のワインはスイスでは対極的ともいえる表情を見せることが多いのがとても興味深い点です。
 つまりシャスラーはほっこりふっくら、ピノ・ノワールはすっきりくっきり、です。スイス=山=冷涼&緊張感と考えると、シャスラー、とりわけレマン湖北岸の西から東にかけて広がる高名な産地、ラ・コートとラヴォーのシャスラーの味はそのイメージとはずいぶんと異なり、むしろ温かくてやさしくておとなしくて滋味深いワインです。
 ですから家庭料理にはシャスラー。スイスワインに詳しくない方なら、まずはこの定式を覚えておくのがいいと思います。「家庭料理にもいろいろあるではないか、シャスラーはクリュによって大きく味が異なるではないか、醸造法によっても違う」、と言われればその通りです。それでもシャスラーは緊張感を強いない味...という点は共通しています。そして家庭料理のひとつの重要な本質とは、緊張感を強いない味だということです。
 これは抽象的な「質」の話ではありません。例えば洋服を考えてみましょう。社交ダンスにふさわしい服とビーチにふさわしい服は違います。いかによい「質」か、より、それぞれの状況にどちらがふさわしいか、のほうがはるかに重要です。困ったことに、ワインの場合、状況適合性より絶対的な質を重視する傾向にあります。ジャージの上下よりタキシードのほうが「質」がいいと考え、結果として、フォーマルパーティ的なワインばかりが増えて、実際の家庭料理とはノリが違うことになります。
 シャスラーにはジャージ的な疲れなさがあります。おとなしいアルコール、おとなしい酸、おとなしい香り、おとなしい構造。そのよさ、そのありがたみがわかる人は、きちんとワインと料理を家庭で楽しんでいる人だと思います。
 とはいえ、スイスのシャスラーはスーパーで売っているジャージではなく、譬えるなら、最高級素材を使ったオートクチュールのジャージです。超がつくほどお金持ちの国がスイスです。彼らの日常の一部たるシャスラーは、高級・高品質なカジュアルワインです。キャビアやフォワグラではなく、良質な豆腐と良質の味噌を使った普通の味噌汁です。このような位置づけにあるワインは、世界を見渡してもそうそうありません。

田中克幸

<出典>日本橋浜町ワインサロンのFacebook https://www.facebook.com/nh.winesalon/  スイスワインをよく咀嚼(そしゃく)吟味して解釈して書かれた記事より抜粋。(なお、サロン主催の田中氏のブログはこちら⇒ http://pecotan.air-nifty.com/katsuyuki/2017/07/post-c3bc.html  )

しゃすら店長日記

=店長からのメッセージ、イベントなどのお知らせや、日々の出来事をお届けします=
こんにちわ!店長の名は、しゃすら。しゃすら店長と呼んでくださいね!!
店長日記はこちら >>

しゃすら店長の動画は、こちら↓

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

サイトマップ

ページトップへ