2021年10月1日の発送より、ヤマト宅急便の常温でのご配送になります。ワインの品質保持のために、クール便でのご配送をお勧めしておりますが、その場合は、送料とは別途クール便(手数料220円)のご設定をお願い申し上げます。

  • ランキング5

【スイスにしかないブドウ品種白・赤ワイン2本セット】Petite Arvine プティット・アルヴィン 2019, 750ml/Humagne Rouge ユマーニュ・ルージュ, 2018, 750ml

定価: ¥9,240(税込)
価格: ¥8,300 (税込)
数量: セット
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

2021年、年内感謝の特別価格は、ずばり【スイスにしかない】ブドウ品種の白・赤ワイン2本セット】スイスワインだけを扱うインポーターだからこそ、ご紹介可能な内容です。

2021年今年もご愛顧いただき、ありがとうございました。感謝の気持ちを込めまして、今年最後の感謝特別価格の2本セット、その名も「スイスにしかないブドウ品種の白赤2本セット」です!!スイス随一のワイン生産地ヴァレー州トップ生産者の1軒、ジャン‐ルネ・ジェルマニエによる2アイテムセット。他では絶対にお試しいただくことのできない希少かつ品質の高さのセットワインがお得な価格でご紹介です。
白ワインの「プティット・アルヴィン」も、赤ワインの「ユマーニュ・ルージュ」も、全世界的に見て、ほぼスイスにしかない希少な地場ブドウ品種です。シャスラだけではない、スイスならではのブドウ品種から造られるワインをぜひぜひ、この絶好の機会にお試しになられてみてください。
スイスワイントップ生産者によって造られた緻密で清涼な2つの地元ワインで、スイスワインの真骨頂を体験していただけることと思います。
2本分の税込み定価9,240円のところを8,300円で、スイスにしかないブドウ品種のスイスワインを是非。この機会に、みな様にお試しいただきたくご紹介のお試し価格です。

1)Petite Arvine プティット・アルヴィン, Valais AOC
生産年度:2019年産
内容量:750ml
ブドウ品種:プティット・アルヴィン種100%

ヴァレー州の土着品種。記録には1602年初出の国際品種。スイスにおける耕作面積は、218.18ヘクタール(スイス全体の白ブドウ品種比率3.4%)。その内、99.7%は、ヴァレーにあり、ヴァレー州のもっとも象徴的な白ワイン品種と言える。(若干、北イタリアで栽培されている同品種は、スイスより移植、もたらされたものです。)
柑橘系とルバーブの華やかで上品な香りを放ちつつ、男性的かつ優雅で調和のとれたワイン。複雑味があり、しなやかで、官能的なストラクチャー。なめらかでリッチな質感、力強い味わいとデリケートさにあふれる稀有な存在。透き通った爽快感は、知的で繊細なスイスワインの特徴をよく表しています。余韻も非常に長く、特徴的な、かすかな塩味も感じる。
サービス適温10℃~12℃くらい。冷やしてお召し上がりください。
税込定価5,060円

2) Humagne Rouge ユマーニュ・ルージュ, Valais AOC, 2018
生産年度:2018年産
内容量:750ml
ブドウ品種:ユマーニュ・ルージュ100%

スイスにおける耕作面積は、142.90ヘクタール(スイス全体の黒ブドウ品種比率1.7%)。ユマーニュ・ルージュという名のもとにヴァレー州だけに存在する。20世紀に入って、北イタリアのヴァレ・ダ・オスタ州にあったブドウ品種のコルナラン・ダ・オスタがスイス、ヴァレー州にもたらされ、ユマーニュ・ルージュと呼ばれるようになった。(イタリア側のコルナランは、危ういところで起源の故郷の消失を免れたのち、再び、ヴァレ・ダ・オスタ州でわずかに数ヘクタール植えられている。)
深みのある赤に、ルビー色の反射が美しい。スミレや乾燥したブドウの葉、ニワトコ、煙の香り、タンニンによる骨組み、かすかに感じる鄙びた田舎っぽさ、空気のようなストラクチャーを持つ、他にまったく類を見ない品種。
穏やかな酸ときめ細やかなテクスチャー、優しく繊細な味わいは、日本の食シーンにとてもよくマッチする。どこかで味わったような、どこかのワインに似ているような、不思議さ。でもやはり、どのワインにも似ていないスイスワインらしい上品な奥ゆかしさ。
マリアージュには、鶏肉などの白っぽい肉のほか、赤い肉や、赤身の魚、青魚にも。マグロやカツオのお刺身、ブリの照り焼きなどにもぴったり。シルキーなテクスチャーは、とろとろに煮込んだ煮込み料理や、チーズ、おでんのように鄙びた料理、お醤油味にもよく馴染みます。
税込定価4,180円

しゃすら店長日記

=店長からのメッセージ、日々の出来事をお届けします=
店長の名は、しゃすら。しゃすら店長と呼んでくださいね!!忘れもしない2010年9月、スイスのエーグルでたまたま飲んだシャスラに衝撃を受け、以来、惚れこんだスイスワインに特化して深堀り、日本に紹介しています。
店長日記はこちら >>

しゃすら店長の動画は、こちら↓

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

facebook

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

サイトマップ

ページトップへ