• ランキング3

【稀少スイス固有品種アミーニュ・残糖度違い2019年産2アイテムセット】アミーニュ・ド・ヴェトロ, グランクリュ, ビオ認定/アミーニュ・ド・ヴェトロ・ドゥ・ザベイユ

定価: ¥9,790(税込)
価格: ¥8,800 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

定価9,790円
スイスに、わずか40haほどしか耕作面積のない希少固有品種アミーニュの残糖度数違いの2本セット。

**************************************************************************************
1)(写真左)アミーニュ・グラン・クリュ, ビオ認証, ヴァレーAOC, 2019(Amigne, Grand Cru, BIO, Valais AOC)
ミツバチ印1個 (sec「辛口」)=残糖8g/L以下
スイストップワイナリーのひとつJean-Rene Germanier ジャン・ルネ ジェルマニエは、そのブドウ畑があるVetroz(ヴェトロ)村の中に多くのアミーニュ種栽培地を有しています。
やわらかい黄金色は、澄み切り、素晴らしい輝き。良く熟した果実香がしっかりと感じられます。口に含むと、BIO認証を受けたこのワインの悠々として豊かなふくらみ、なおかつ活力がみなぎります。余韻は、複雑な香りがハーモニーとなって美しく長く続きます。Vetrozヴェトロの地に生えるこの品種のワインは、ヴィロードのようなしなやかさと男性的な活力を結びつけるこの品種アミーニュの典型を表しています。

<テクニカルデータ>
品種:アミーニュ
土壌:氷河堆積土と「砕けた」粘板岩
ブドウ畑:Balavaudバラヴォー区画
エクスレ度数: 85 Oe°
醸造:非除梗、非補糖ブドウ果汁。穏やかな圧搾、厳密なデブルヴァージュ。第2次アルコール発酵無し。
アルコール度数:12.9 %

*************************************************************************************
2)(写真右)アミーニュ・ド・ヴェトロ・ドゥ・ザベイユ, ヴァレーAOC, 2019(Amigne de Vétroz 2 abeilles, Valais AOC)
ミツバチ印2個(moelleux「中甘口」)=残糖9〜25g/L
特にVetrozヴェトロの地に生えるこの品種のブドウでできたワインは、ヴィロードのようなしなやかさと男性的な活力が結びついた典型的なアミーニュ品種の特徴をよく表しています。弊ショップで扱っていた2016年産は、2018年度ANA国際線ファーストクラスに搭載された実績を誇っています。

<テイスティング>
土壌と品種の幸せな結びつきは、このワインに偉大なるスイス白ワインたる、あらゆる美点、品質を与えています。アルコール発酵の技術力の確かさは、ミカンの香りのタッチを伴った密度の濃い花の香りのブーケを生み出しています。そのストラクチャーの力強さと甘美な余韻は、このワインに調和のとれたバランスの良さと繊細さを与えています。

<テクニカルデータ>
品種:アミーニュ
pH:3.81
総有機酸量:4.3 g/L
残糖度数:13.4 g/L 土壌:氷河堆積土と「砕けた」粘板岩
ブドウ畑:Balavaudバラヴォー区画
エクスレ度数: 110 Oe°
醸造:非除梗、非補糖ブドウ果汁。穏やかな圧搾、厳密なデブルヴァージュ。マロラクティック発酵無し。
アルコール度数:14.3 %

<合わせるお料理>
コクのあるチーズ、スパイシーな料理、甘みの伴う和食、デザートワインとしても楽しめます。

【地場品種であるブドウ品種アミーニュについて】
<スイスにおけるアミーニュ耕作面積>
41.5ヘクタール。ほぼすべてがスイスのヴァレー州だけにあり、そのうちの70%に当たる29ヘクタールを有しているヴェトロ村にその大部分があります。

アミーニュは、sec(セック)辛口、moelleux(モワル)微甘口、もしくはdoux(ドゥ)甘口(ヴァレーにおいては、≪fletrisフレトリ≫または≪liquoreuxリコル≫と呼ばれている)のワインを造ることができるカメレオン品種。
甘みのレベルは、ヴェトロ村のアミーニュのワインだけに使われるミツバチの記章を用いて、ミツバチ数1個(残糖度:<8g/リットル)、ミツバチ2個(残糖度:9-25g/リットル)、ミツバチ3個(残糖度:>25g/リットル)によって示されています。
上記の商品「Amigne de Vetroz Grand Cru BIO アミーニュ・ド・ヴェトロ, グランクリュ, ビオ認定」は、ミツバチ1個のsec辛口に当たります。(ですが、決して、辛くはありません。)
辛口と微甘口は、菩提樹の茶、洋ナシ、柑橘系、白コショウの香り、口に含むとデリケートなタンニンが微かな苦みの余韻を伴います。甘口ワインは、オレンジやミカンの外皮、乾燥アプリコットの香りに特徴づけられ、口に含むと非常にバランスの良さを雄大に続く余韻とともに感じます。

しゃすら店長日記

=店長からのメッセージ、日々の出来事をお届けします=
店長の名は、しゃすら。しゃすら店長と呼んでくださいね!!忘れもしない2010年9月、スイスのエーグルでたまたま飲んだシャスラに衝撃を受け、以来、惚れこんだスイスワインに特化して深堀り、日本に紹介しています。
店長日記はこちら >>

しゃすら店長の動画は、こちら↓

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

facebook

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

サイトマップ

ページトップへ