しゃすら店長日記

しゃすら店長日記ライター第1号さんのお手持ち盃

色々あって、ちょっと前のことになってしまったのですが、先日ご紹介した「しゃすら店長日記ライター第1号さん」とお食事をすることになったとき、貴重なご家宝の高蒔絵※(たかまきえ)盃を持参してくださったのです。なにやら厳かな気配をまとったこの盃・・・。なんでも明治天皇から直々に拝領されたものだとか・・・。ライターさんのステキなエッセイを下にご紹介いたしますね!

※高蒔絵:蒔絵の技法のひとつ。模様の部分を肉上げし、その上に蒔絵を施したもの。鎌倉中期に始まる。

🍇

めぐり合わせの妙

🍇

和の酒器である盃が、三つ組、七重ねとしばしば組になっていることには、縁起をかつぐばかりではない合理的な意味がある、と年寄りから聞いたことがある。

盃は、小さなものから大きなものへと、「飲み上げてゆく」のが定法である。

懐石の流れも、軽いものから、重く、濃厚な味わいへと移ろってゆく。酒と、組になっている盃とは、この流れにおいて融合する。

小さな盃で日本酒を飲むと綺麗な酸が立ちやすい。したがって、日本酒を小さな盃で飲むと、前菜の、たとえば白瓜の雷干しや白身魚の糸づくりに、柑橘の酸味を添えるような効果が生まれる。

盃がやや大きくなると、角が取れてまろやかになり、料理を受け止める幅が広がってくる。鱧や真薯を用いた、温かでたっぷりとした吸い物や、季節の野菜・山菜を香り高く炊き上げた煮物には、このくらいのやわらかな舌触りのお酒を合わせたい。

そして主菜は、大きな盃を用いて、たっぷりと豊かなお酒の旨味を存分に感じながら、悠々といただきたいものである。

実は、ある種のワインにも、日本古来の盃使いが応用できる、こともある。

和の盃と相性が良いのは、白によらず、赤によらず、素直で透明感の高いワインである。

巧まずして——というところが面白いのだが、麻布牛坂の洒落た中華料理のお店で、ちょっと意表をついたコラボレーションがもちあがった。

旬の食材を用いた洗練された中華料理に、旅でみつけたスイスのピノ・ノワールを持ち込んで、それを、たまさか鞄の中に入っていた高蒔絵三つ組の朱杯で飲んでみよう、ということになったのだ。

試しに、とワインを盃に注ぐと、緋色の波が金蒔絵にたゆとうて、ゆらゆらと三次元的な煌めきを見せた。

はじめに、小さな盃が演出した爽やかな酸味は、あたかも和柑橘を絞ったように若鮎の春巻きに沁みて、抜群の相性。

中ほどの盃が見せる調和の妙は、紹興酒に漬けた渡り蟹にも、老酒に漬けた鹿にも、優しく寄り添った。

そして、大きな盃でひと口ワインを含み、息を抜くと、甘夏やぽん柑のような濃く、黄色い、柑橘の甘い香りが通りすぎ、濃厚な蒸し魚とも、醤油漬けの家鴨とも、天然鰻の旨味とも、堂々と拮抗した。

スイスのピノ・ノワールは、盃によって見事に三変化を遂げてそれぞれに、秀逸な料理とのマリアージュを見せてくれたのである。

「盃とワインとお料理——和洋中が、巧い具合にそれぞれの力を活かしている。世の中、こういう風にいくと平和なのですがねえ。」

来週には所謂「歴史的」な米朝首脳会談がひかえている、梅雨の、木曜の夜の出来ごとであった。

しゃすら店長日記ライター第1号さん!決まり!

しゃすら店長日記っていうのは、しゃすら店長が書くから、しゃすら店長日記なんですけれど・・・。

でも・・・。しゃすら店長がスイスで輸入を決めて、直接仕入れたワインをしゃすら店長自らが手を換え、言葉を換えてお勧めしたところで、しょせんはやっぱり「手前味噌」。たまには、他の人に書いていただいて、評してもらったり、表現してもらったり、そうゆうのも楽しいんじゃないかしら?全然違うスイスワインの表情が見えてこないかしら?

ということで!

じゃ~んと、登場、御紹介するのは、そんなしゃすら店長日記のライターさん第一号!!ペンネームも決めたいのだけれど、う~ん、なかなかピッタリくる名前が思い浮かばないので、また後日。

ライター第一号さんは、ワインへの造詣が深いことはもちろんのこと、そこはかとなく雅(みやび)な上品さが漂う趣味人というか・・・。学者さんだけあって、ちょっと浮世離れした風情もたたえておいでです。先日、ご飯をご一緒していただいた時のことを書いてくださったので、さっそく下に載せますね。(写真は、しゃすら店長が撮ったものを挟んでいます。)

このときは、スイスのドイツ語圏のピノノアールを一緒に飲んでいただきましたよ!次回の日記に説明しますが、菊の御紋の塗りの盃で!そうそう、予告ですが、このスイス・ドイツ語圏のピノノアール、目下、輸入の段取りに入っています!日本初お目見えですよね、ドイツ語圏のピノノアールなんて。楽しみにしていてくださいね!!

*****************************************************

🍇

麻布牛坂にてスイスの太陽に出逢いしこと

🍇

「よくできたワイン」などというと、どうにもオコガマシイ感じがしてしまうけれど、あえていわねばならない。「よくできたワイン」は、ただ美味しいばかりではなくて、そのテロワールをありのまま、髣髴とさせてくれるもの。

ワインを生み出す背景のすべてをさす「テロワール」という言葉には、地質、土壌、気候や地理、歴史ばかりか、その土地に生きる人びとの気質や性格まで含まれる。したがってスイスワインといえば、緻密な時計職人キャビノチェのように、実直で、信頼でき、奥ゆかしい味わいのアイテムがもっぱら、ということになる。

だから、「よくできたワイン」を飲むと、そのワインが育まれた地を旅するような、その土地の人びとと会ったような、そんな気持になる。

そんな、赤ワインに出逢った。

「今度の旅でみつけた、スイスワインなんですよ。」

と、しゃすら店長。

スイスのシュペート・ブルグンダー、つまりピノ・ノワールは、比較的若いうちから練熟の味わいが乗ってくるのも特徴のひとつ。例えば、小さな歯車を磨き続け、小宇宙を長く旅したキャビノチェには、40歳でも老師のような風格をたたえた人が多い・・・そんな感じ、か。

しかし、このワインには、加えて抑制の効いた華やかさがあった。職人というよりは、気難しい職人の父親が目の中に入れても痛くない、明るい末娘。グラスに鼻を近づけると、ふわっと日向の香りが立って、それが鼻孔の奥で収縮し、ラズベリーになった。心地よく、至極まろやかな酸がとてもチャーミング。これは、シュペート・ブルグンダーというより、ピノ・ノワールと呼んだ方が相応しい。同席していたKさんも、そう思ったらしい。

 「日当たりの良い、温かなところで育ったピノですね。」

 「あの山を越えたらリヒテンシュタイン、という国境近くで造られたワインです。」

 「ああ、山が風をさえぎって、温かいのですね。ぶどうが熟する夏の終わりを、ゆっくりと過ごしたのでしょうね。」

Kさんの脳裏には、すっかりこのワインを育んだ情景が見えているらしい。まるで、解析度の高い遠眼鏡を覗いているような透明感がある。こういう「よくできたワイン」は、場合によっては地図よりも解りやすく、地理情報を伝えてくれる。

ワインが喉の奥へと落ちたのち、鼻をくすぐる香りの中に、かすかなマンダリンオレンジがあった。スイスの、夏の終わりの、太陽を髣髴とさせる、奥ゆかしい程度に。

もう一度、Kさんが呟いた。

 「日当たりの良い、温かなところで育ったピノですねぇ。」

Heida de Vex アイダ・ド・ヴェ

新発売の「Heida de Vex アイダ・ド・ヴェ」の商品ページを作りました。スイスのヴァレー州では、フランス・ジュラ地方で栽培されているサヴァニャン品種をアイダ、もしくは、パイヤンと呼んでいます。「パイヤン」は、異国の地という意味ですが、ヴァレー州から見て、異国の地、ジュラ山脈の向こう側の品種、と言うわけです。その品種を16世紀以前の昔からヴァレーで栽培していたのですから、おもしろいですよね。これが、そのワインです。「キャラの立ってる」という表現がぴったりなワインかもしれないです。
商品ページはこちらです⇒ https://yama91swisswine.com/SHOP/VLJG2015W0003.html

このアイダ、実は、ものすごい場所で栽培されているのです。標高は約800m、エレーヌ渓谷という山あいの断崖に貼り付くようにしてClos de la Couta クロ・ドゥ・ラ・クタという区画があるのですが、これは、ヴァレー州の生産者さんたちが協力し合って、打ち捨てられていた畑を再生したものなのだとか。。。弊社の輸入するジャン・ルネ・ジェルマニエは、ここでBIO栽培しているそうです。

どうやったら、このHeida de Vex の畑、Clos de la Couta(クロ・ドゥラ・クタ)のものすごい標高の高さ、断崖絶壁の感じ、急勾配の様子をお伝えできるのかと、あれこれ写真を選んでみるのですが、なかなか思うようなものが見つかりません。実際、とんでもないところにブドウ畑があるのです。
そこで、選んでみたのがこの写真。ワイナリー代表のジル・ベス氏と一緒に撮ったものです。決して、ジル氏と特別な良い仲という訳ではないのです・・・。
「記念に写真を撮らないの?」と、同行してくれたワイナリーの方に言われ、「え?!こんな所で?!」と、ちょっと躊躇して「でも、ここでこの位置で立ったら下に落っこちてしまうわ!」と答えると、ジル氏が「じゃあ、僕がこう立って(下手側)、受け止めるよ。」と言ってくれたのでこのようなポージングになったのです。
6月のギラギラの太陽の下、熱射にさらされながら、恐さを我慢している私の浮かない顔をご覧いただけますでしょうか?。両足も交差させてずり落ちないように踏ん張っています。「早く撮って・・・!(内心)」


私とジル氏の右手をご覧ください。ブドウ畑の杭にしっかりとつかまっているのがお分かりいただけるでしょうか?つかまっていないと、身体が下に落ちてしまうのです。
「ああ・・・もういいかしら?」と思っていると「は~い!!もう一枚!!ピース!」と催促が・・・。


しぶしぶ「ピース!」のこの浮かない顔して愛想笑いのお付き合いしている私の態です!!そのくらい、恐くて怖くて、ともかく、体がずり落ちて行かない方向へ早く向き直りたいと思っていた気持ちと、しっかりとブドウ畑の杭を握っていた右手の感触は、今でもはっきりと思い出すことができます。
そのくらい、急勾配で、目も眩むような高い断崖絶壁の上にHeida de Vex のブドウ畑はあります。

新商品が一気にたくさん入荷しています。

あっという間に薫風の候、新緑が目に眩しい季節ですね!!

しゃすら店長は、4月にスイスワイナリーのドメーヌ・アンリ・クルションの醸造担当、キャトリーヌを日本に初めて迎え、山盛りイベントを乗り越えた後、また仕切り直して仕事を再開しています。

新しいミレジメ、新規の商品もたくさん入荷しています。
上の写真は、アンリ・クルションのスパークリングワイン、2011年産です。https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLCHC2011S0001.html 

前回のミレジメ2009のときもそうでしたが、やっぱりこの清らかさ、雑味のなさ、心地よい穏やかな酸味、人工的な甘ったるさの無さ(補糖無し、天然酵母)、ひと口飲んでみて、みなさんびっくりなさいます。「強くないのに、しっかりしてる。」スイスワインだな~と、つくづく。

我らがザ・定番、「ウイユ・ド・ペルドリ」もミレジメが更新しました。2015年の完売に引き続き、2016年の入荷です。
https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLVCD2016P0001.html

日本円とスイスフランの為替の上げ下げがこんなに価格に反映するだなんて・・・。良いのか、悪いのか、わかりませんが、2016年産はなんと、憧れの3千円台に潜り込むことができました。消費税抜きの小売価格が3,900円です。ちなみに、今日の為替は、なんと、1スイスフラン109.245円だそうですよ!!同じことを125円で計算したミレジメもあったのですがね!!


2016年産ペルドリは、すっきりとした品の良い酸味が印象的でした。

今日、ECサイトにあげたばかりのヴァレー州のシャスラ、別名ファンダンも、スイス現地で試飲した時、とてもいい印象でしたので、たくさん入れました。ヨーロッパで「空前の良いミレジメ2015」と言われた次の年だったので、ちょっと警戒していたのですが、殊、シャスラに関しては杞憂でした。むしろ過熟をしばしば感じていた2015年産は、シャスラらしい「楚々とした冷涼感」を感じることのできないシャスラに出会うことがしばしばでしたが、2016年産は、これぞシャスラ、涼し気です。

https://yama91swisswine.com/SHOP/VLVRJG2016W0001.html


為替の恩恵に浴して、1本3,000円でご紹介です。いいのか・・・?だって、逆に円安のときだってあるのだよ。。。その時は、価格が上がってしまうのですよね、仕方ないです。

伊勢丹「世界を旅するワイン展」初出展

2018年2月21日~26日の6日間、伊勢丹新宿店本館6F催物場で毎年恒例のワイン催事「世界を旅するワイン展」に初出展します。(最終日は、18時終了。)

毎年、すごくたくさんのお客様だそうですが、どうなることやら・・・。

スイスワインをご試飲の上、お買い求めいただくチャンスでもあるので、どしどしご来店いただきたいものです!!

寒い日には・・・鴨鍋!

寒い日が続いています。今年は、例年になくインフルエンザや風邪に罹る方が多いように感じるのは、私だけ?

こんな時には、元気になれるお鍋が一番ですよね!

この写真は、しゃすら店長の自宅近所のそば割烹屋さんで作っていただく鴨鍋の中身です。この他に、鴨肉のひき肉でできたつくねもあります。

ほくほくしながらお鍋を囲んで、このスイスのピノノアール「セルヴァニャン2015」を一緒にいただくと、あ~あ、しあわせ♫♫

https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLCHC2015R0001.html



2015年産ワイン その2

今年、試飲した2015年産ワインのうちで、特に印象に残ったもののうちの1本がこれ、われらが自然派スイスワインの大御所Henri Cruchonアンリ・クルションが造った「Nihilo ニイロ Sans Sulfite So2無添加」です。ビオデナミ、無濾過、無清澄。「これ以上、自然に造れません!」ってぐらい自然な赤ワインです。

https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLCHC2015R0004.html

ワインの仕入れのためにスイスに行って、あれこれあれこれ試飲させていただく中で、「これ、や~~~ば~~~っい!!!」って内心、ひとり叫んでしまうワインに、毎回の旅行につき、1~3本くらい出会うのですが、今年の春の買い付け旅行では、間違いなく、このニイロがその中に入りました。

ひと口、口に含んだ後に・・・あああ来た来た来た来た!!素直で悠々としていておおらかで、長~く続く余韻も最後まで清らか。2015年産特有のほんわか温ったか~な丸みを帯びた質感もチャーミングでした。まったく自然そのもののワイン、このようなワインは、まるで自分の体液のようにすううーっと、何の違和感なく体の中にしみ込んでいきます。

ひとりでいるのでね、その場で誰かと感動を共有できないもどかしさはあるのですが!(笑)。「ねえ!これ、やばくな~~い?!!」って隣にいる誰かと感動を分かち合いたいものですよね!?人情としては(笑)。

というわけで、サンプルで持ち帰ったこのニイロ2015をソムリエさんや、ワインジャーナリストさんたちプロの方に黙っ~~~て試飲してもらったところ・・・みーんなが「これ、いいっすね~!」って。ほら!!ほーーーーらね!!

と、言うわけで、今回迷わず入荷のニイロ2015です。

2015年産ワイン

もっと更新回数を増やします!と、宣言しながら、なかなか実行が伴わず、そして今年も年が終わろうとしております。。。(汗)。今年一年も、弊やまきゅういちスイスワインのショッピングサイトをご愛顧くださいましてほんとうにありがとうございました。

今年を振り返って思うことは、色々とあるのですが、2015年産ワインは、天候に恵まれて、やっぱり素晴らしい出来ばえのものが多かったなあ~ということです。おかげ様で、ほとんどすべての2015年産シャスラ品種スイス白ワインは、完売してしまいました。全部でいったい何本売れたことになるのでしょう、2015年産白ワイン・・・こうやって店長日記を書いている現時点で在庫があるお勧めシャスラ品種の白ワインは、下の2アイテムです。


「テラス・ド・ヴァレリー」(残り36本)https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLVDM2015W0001.html

「シャトー・ド・マルセール」(残り132本)https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLCPG2015W0001.html

気温が上がり、ブドウの実がよく熟したのは、スイスだけにとどまらず、ヨーロッパ全体の傾向だったようですが、スイスでもやはり2015年は歴史に残るミレジメになることであろうと、ワイナリーたちも口をそろえて言っています。

2015年産シャスラ品種の白ワインで言えば、シャスラらしい爽やかさや穏やかな酸味、透明感を残しつつも、丸み厚みのあるボディー、ブドウ果実の甘みを感じるしっかりとした余韻・・・。ああ、これは、完売してしまう前に、ひとりでも多くのワインラヴァーの方々に見いだされ、飲んでみていただきたいものです!!!

写真は、お客様の和食会席料理のお店で撮らせていただいたものですが、シャスラは、やっぱり和食に合いますね!!これも、今年、つくづく実感を伴って再確認した点です。上品繊細な味わい、穏やかでやさしい酸は、和食にやさしく寄り添います。

特に、ビオデナミ栽培、無濾過のMont de Vaux は、お出汁にぴったり、2015年産はあっという間の完売でした。

(2016年産が入荷しています。https://yama91swisswine.com/SHOP/VDLCHC2016W0002.html

2016年産は2016年産で、また素晴らしい点がいっぱいあるのですが、それはまた後日に!!)

ウイユ・ド・ペルドリ2016の試飲をしました。

さてさて、粛々と仕事を進めていますが、やまきゅういちスイスワインの看板ワインとでも言ったらいいのかな?スイスワインを代表するロゼ、「ウイユ・ド・ペルドリ」の2016年産の確認をしてきました。

電車を降り立ったのは、いつものGrandvaux駅です。この日、2軒目のワイナリーで、ほぼ日暮れの時間、もう暗くなり始めていました。いつもの空気、レマン湖を左斜面に見通す気持ちのいい爽やかな空気が迎えてくれます。

ウイユ・ド・ペルドリ2016の他にも、色々と試飲させていただきました。大体どこの生産者さんに行っても、2016年産は、スイスでは、とても涼やかな味わいです。清涼感も満載で、とても私の好みです。気温が高く、暑かった2015年産とは、ずいぶん違った味わいに仕上がっていますね。

それぞれ1本づつ手に持って記念撮影です!畑仕事で疲れ果てていたシモン、一生懸命、営業笑顔を作ってくれて・・・それがなんだかおかしくて、妹で、事務担当のモードとケラケラ笑い転げてしまいました。写真は、吹き出してしまうのを必死で抑えている写真向かって左側二人です。

2016年産のウイユ・ド・ペルドリ、すごくいいですよ!!!予定よりもたくさん仕入れようかな・・・?期待していてくださいね!

チューリッヒ

チューリッヒ駅始発の電車に乗って、出発の時間を待っていました。2階建て車両の2階に陣取って何気に外を眺めていると、隣のホームに電車が入って来ました。

私の眼下に止まった食堂車に座ったビジネスマン。働き盛りの歳ごろ、精悍な感じなのですが・・・電車が終着駅に着いたのに降りようともせずに、目の前に広げた新聞を前にして、文字通り頭を抱えて微動だにしません。こちらから見ていてもただならない雰囲気が伝わってきました。

このままでは、また、電車は元来た方向に発車してしまうでしょう。そんなことは、おかまいなしの様子です。絶望、なのかな・・・?ほんとうに困ったことが起きてしまったのでしょう。「どうしよう・・・!!」「ああ!どうしたらいいんだ!」困惑を極めた彼の心の叫びが聞こえてきそうです。

この人に、いったい何が起きてしまったのでしょう・・・。この新聞には、いったい何が書いてあったの?この人と、いったいどんな関係があるのかしら?

チューリッヒは、金融の街です。銀行の人かしら?投資会社?コンサル?巨額のお金が絡んでいるのでしょう、お金の怖さがこんなに離れているのに伝わってくるのです。

しゃすら店長日記

=店長からのメッセージ、イベントなどのお知らせや、日々の出来事をお届けします=
こんにちわ!店長の名は、しゃすら。しゃすら店長と呼んでくださいね!!
店長日記はこちら >>

しゃすら店長の動画は、こちら↓

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

サイトマップ

ページトップへ